忍者ブログ
ギタリスト、森川祐護とポリゴンヘッドのブログ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
1144179306_144.jpeg

*this NEWS item reprinted from the Luxembourger Wort.
*ルクセンブルクの新聞 Luxemburger Wolt紙より転載。(2009.4.2)

「白井のエスノ・ロック・ダンス」
3月31日の夜、
それは、活気ある日本芸術と、ノイミュンスター修道院文化会館に
居合わせた観客たちとのすばらしい出会いであった。
国際交流基金と日本大使館が、ダンサーおよび振付師である
白井剛氏をルクセンブルクに招いた。
4人の音楽演奏者を連れて、このアーティストは、
身体的かつ芸術的に目を見張るようなパフォーマンスを体現し、
観客を全く前代未聞の宇宙空間へと導いた。

↑(*スタッフの方より翻訳して頂いたものを抜粋。)


ーーーーーーーーー

帰って来てから、もう3週間経ちますが。
未だボクの身体に燻り続ける、『ルクセンブルク熱』を
クールダウンさせるには、まだもう少し掛かりそうです。

なにしろ、
話があった半年前からテンションは上がっりっぱなし。

エンジン吹かしっぱなし!

出演者、全員が再演を待ち望んで居たであろう
あの『THECO』の再演が決定したんだよ!!
しかも、ボクにとっては、初の海外「公演」だよ!!

海外経験豊富な、他のメンバーがまだ粛々としている数ヶ月前からボクは、
エチケット袋や簡易トイレまでをも含む「旅行グッズ」選びに奔走。
その流れで新しいギターも買ったのでした。

そんな、期待と不安に鼻血が吹き出す程(事実です)
待ちに待った、ルクセンブルクは.....。

素晴らしかった。

公演会場と宿舎の有るノイミュンスター文化会館は、
世界遺産の古い城壁が取り囲む絶景で
これには、流石に経験豊富な他のメンバー達も、
かな〜り興奮してました。

舞台作りが完成するまでの間は
スタッフさんの計らいもあって、完全観光モードに突入。
御陰さまで、翌日のゲネはちゃんと舞台に集中する事が出来ました。

会場”Abbaye de Neumünster Luxembourg”
そして肝心の、本番の方は、と言うと....。
『THECO』ルクセンブルク公演は、文句無しの大成功と言って良いでしょう。

初っぱな、アンサンブル上の事故もあったりしたのですが
大使館のF田さん曰く「大人しい気質のルクセンブルク人達が
あんなに熱狂するのは珍しいんですよ!」と言う程、受けていた。

何より、張りつめた緊張の隙間から、白井さんやメンバーが心底。
自分たちの表現を楽しんでいるのが伝わってくる、あの感じ。
白井さんを中心にして、皆が急速にグルーヴして行く、あのミラクルをまた
舞台上で体験出来た!!

最高に気持ち良かった!!

ーーーーーーーー

今回、個人的には
舞台転換の演出で、自作曲の弾き語りを
させて貰えたのも嬉しかった。

他のメンバーが、
故あって舞台上に散らばった楽器群を元に戻している間、
ピンスポット浴びて自作曲を2コーラスだけ、歌うのだけど。

歌がメインの舞台では無いので、殆どリハはしてなかったのに
鳥肌が立つ程、気持ちよく歌えました。

日本語を解さない人達の前で、
無駄に歌詞間違えずに歌えたしね.....。

ーーーーーーー

ボクは、この「theco」で体験した表現者としての充実感を
いつか「自分のバンド」でも造り出すのが、一つの目標だったんですけど
「theco」そのもののハードルが、また一つ上がってしまいました。

ーーーーーーー

実質、5日程の滞在だったルクセンブルク。

楽しい時間は、あっという間と良く言うけれど
体験する事全てが「新鮮過ぎる」と、1日1日は
途方も無く長く成るのだと、この時思った。

ルクセンブルクの人達は
半径200メートル以内に3件もコンビニが有る様な日本の生活を
どう、思うンだろうね?

ーーーーーーーー

*フォトアルバムは、こちら。
森川 祐護 (PolygonHead / ポリゴンヘッド)
PR
ボンジュール。

ルクセンブルク3日目の朝です。

金曜日から寝ないで出発したので
身体は寝たがっているのだけど
見るもの感じるもの全てを脳裏に
焼き付けたくて、フル回転。

ドイツ、フランクフルトを経て
小さな小さなジェット機に乗換えての
ルクセンブルク大公国へ到着。

大使館の職員さんに案内して頂いて
遂に到着しました。

ノイミュンスター文化会館は
周りを世界遺産の城壁が取り囲む
とろける様な風景!!!!!!!!
凄い凄い凄い!!!!

大の大人もスキップする程、浮かれてます。

会場作りに立ち合うも、この世界を
目の前に、会場に篭りっきりなんて
正直、無理!!!

そう思っていたら、奇跡的に
出演者は、午後からはオフに成ったので

出演者一同、完璧な観光モードで
散策開始。

気がついたら、300枚以上写真を撮ってました。

料理も美味いし
ここは、ルクセンブルクは最高です!


いや、しかし
市内の観光案内にも今回の公演の
事がのってました。

観光モードで浮かれるだけじゃなく
キチンと恩返ししないとね!?

今日からは頭を切り替えて
出演者として頑張ります。
森川 祐護 (PolygonHead / ポリゴンヘッド)
プロフィール
HN:
yugo
性別:
男性
自己紹介:
森川祐護
ギタリスト。
ポリゴンヘッドと云う
ストレンジなギターポップ・ユニットを演っております。
twitter
最新TB
ブログ内検索

Copyright (c) Polygon Head : Yugo Morikawa`s blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]